忍者ブログ

白色记忆

かすかに笑う

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

かすかに笑う

私は事務所の窓口に立って見ていて、街は往来の車と通行人、また微笑む。人生はこのようにで、行ったり来たりして、やっと完備な人生。もし、ずっとんじゃ、どんなことにも一つの歴程に止まって、全てが錯乱。
一度も振り返っては、太陽の光が輝いて。すでに失うの命も何度も振り返って見るかもしれない、命とすれ違う。おそらく、腹の中は自慢の、ずっと知らない妥協その言葉はどう書く。たとえ、今生粉骨砕身する、私は自分の意誌によって生きて、自分の好きなことをして、愛は自分の愛した人。譲歩しない生活、自分はつらい。
人生はこんなに簡単で、すべてを複雑化した。この一生の中で、私たちはたくさんの人と出会い、殘るのはいくつかの友達には、いくつかを逃して他人。ただ、自分の心の奥に殘る一席の位置にあり、他人に、ただ自分に最も愛したあの翻譯-啟思
すべての人の内心のはすべて大きくなくなり、一方の空き地にだけを殘して、自分の一番愛しているあの人。あの方はない空間に最愛の人は永遠に欠員が、誰にも進出しない。もしかすると、命という魔法、誰も侵犯できない心彼方空間の神聖な。
ももしかすると、ある人はかつて進駐したことがあって、そして身に行ったし、自分もこの人を殘したい方の空間、一日までの自動放棄をこの人に滯在中の空間を空けて、他の人に。愛情は本当にこのような神聖と不可侵。いかなる愛の冒涜、最後に私達のすべての人の向きを変えた理由。私は今回の冒涜意図があるのか、何気なく、逃した歳月はすでに逃して、誰にも無力を追いかけて。
私はずっと暇なときに、ずっと自分で揉んで、長い歳月の中で、私はずっと前行断固なのだった、理解と行きたく逃しの歳月を振り返って。しかし、あなたに、私はかつて振り返って、惜しいのは私に付き添ってたあの深い想い。しかし、振り返って後はやはり逃しましたが、私は自分に教えて、今生、一度だけ振り返って、どんな状況や原因、私は第二回振り返って。
今生、一度だけ振り返って見る。命の闌珊に慣れて、私はずっと前に向かって歩いて、これは生まれつきの誇りに思う、おそらく1種の習慣。かつての歳月の中で、誰のために振り返ってなかったが、私は死んでいったもので、ずっと見て比較的に薄い。もしかすると、あなたは私の命の例外が、やはりと私の生命を逃す。多くの時、自分の生活を変えたくて、ですから、今度の苦しみの後、自分が学んで振り返って見る。
しかし、最終的に自分に振り返っては間違い。だって、必要ないの過程を振り返って、振り返って私の人生の芝居を出す。私は一人で舞台袖振って骨を演出し、尽くした主役も脇役やピエロ。でも、今回のドラマで私の人生は多く視野が広がって、愛と尺度の温度があるので、気をつけないと他の人はあなたの愛が卑屈。
一度も振り返って、尽きて一生の誇りと一生の勇気。一つの習慣にまっすぐ行くと、振り返って見るのが本当に難しい。だって、慣れたようにまっすぐ行くの動作に関わらず、体も心もできないよ。しかし、あなたに夢中になり、私はかつて振り返った。しかし、振り返る時、燈火闌珊処、私を見ていた美しいネオンと群が止まらない叫びのインコ。
そこで、私は自分自身に笑うが、ふいて目じりの何気ない濡らし、そしてひとつひとつ痛みの眠れないの後、私は自分に教えて行く。2013男裝今生、私はかつてない誰か振り返って、今回もこれらの過程を振り返って、二度とはない。それぞれの人生はすべて自分の生来の誇りではないが、だれをずっとやって何も変わって。
今生、一度だけ振り返って見る。多くの歳月を経験した後、自分がわかる自分の笑顔は本当にたくさん以前より輝かしい。たくさん考えて分からないことが分かって、いったんたいから、感じて。人生の道で、私達はいっしょに歩いて、ある風景を、私たちはずっとうならで振り返って見る。もしあなたは生命の、振り返ってもあなたの。もしはあなたに属していない生命の、ずっと振り返ってもいつかは逃す。
人生の過程程は程、一回の過程の中で、私達はひどく過ぎて、泣いて、そしてやっと成長し、成長の経験できるすべての風雨。歳月は流れてやまない条の川で、私たちは心、美しいこの川の流れを見て前へ、最終やっと発見のすべてはすばらしい。振り返って見るところは闌珊倒影かもしれない、もしかすると、私たちの仕事は自分に申し訳が立っているのが美しい。だから、今生、私は一度だけ振り返って見る。
花は赤い桃の花、あぜ道の上の彼岸花なまめかしく咲くシーズンは季節、私はついに分かってそれはもうた花。その美しさはこの時間につれて、花は最終まで物寂しい寂しかったのは誰ですか?誰が手に真っ赤な彼岸花たくないから歩いてきた川川のほとり?誰がまたたくないその倒れた孟婆スープ、再続前世?ただ、逃すの歳月、逃して巡回して、逃した花、逃した人生。すべてのすべて、すべてすでに逃した赤い桃の花の向こうに花咲く。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R