忍者ブログ

白色记忆

30年の夢

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

30年の夢

アスパラガスの靑々として、風に吹かれて、一面の緑の雲海。
見つめていると、腾云が変わると、かつて滄海永久不変の約束。
暑くて、重苦しい熱を頭の中で仕方ないな鑽石能量水系統、蒸して干した七七八八、汗は生命の源泉。
幼い頃の記憶は、寝て起きようよう間、古いフィルムのように、目の前に現れた。
涙が流れ、川、山に底なし。
涙、苦味、甘味、百味ともに新鮮で、自分の味がない。
頭の中の空白、至急色に充填、口にした言葉は、素樸な、輝かしい。
歩いている道はとっくにイバラ自問当初の选択、後悔、無の悔、すでに見分けのつかない前に、前に向かって歩いて。
言い訳をするのは、一種の完璧な言い訳、かわいそうなコートを、裏では悲しい涙、弱者が永遠に。
道は、二つの道が、左から右へ、あなたの選択は、この時、しびれ、硬直、手脚无措で、必要なのは冷静で、一鉢の頭から水を浴びたようで、いつ、どこで、冷静な思考は永遠に勝つの宝物で、自分でもコントロールできない人一歩を踏み出すすなわち成り下がる野獣。
鍵盤を叩いて、軽くマウス鑽石能量水系統 科学技術は人と人に近い距離は心と心の間に隔たりを深める。
変幻の幕に、多彩な映像、苛立ちや味気ない間往復の流れ。
手描きの鉛筆画、皆さんに見せたのは純粋な心、花を手にあげ飛天の仙女、誇張のおかしいの動物で、上調子な社会、寄託と一枚の薄い用紙には、ボリュームはどんなに重い。
雪はずっと下にいて、暗い幕では、あと一座ぼっち街燈、暗弱のともしび、立つて久しく、雪が落満全身だけを待ちに待って、待って、もとを早く現れた――と、彼はずっとこのようにして、待っている――
1本の紙片は大きくなくて、公正、少ない数語が、かつては、字の心血、深い、重厚な紙は薄いが、愛は深く、情けない最年少で、今の世の中後悔し無追訴。
広い背中、多くのわからないものを知って、読む人の自分。折れ解自分としては、ターゲット、違う視点から解読、掘り下げ、分析し、どの部位の認知面。
何もいらない、逆に何もほしい、尊卑を理解していないのではなく、あまり考えを楽に、人と自分が異なる場合、難事件を解決する人の群れ、常に完全に失敗。
あまり高いに立たないで、nuskin 香港自分の影を探してない、誰が知っていて、影には何か隠している。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R