忍者ブログ

白色记忆

1段の美文

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

1段の美文

好んで歩いたこの小道、赤レンガ、苔痕、両側の明礬根、満開のフリージア。
一番早く開放的なフリージアは、黄色の「内緒」、花のための小さな繁、
そして大きな花八重咲きのフリージア妊娠蕾の時間は長いこと、
開放、一種の勢いとcompany formation in hong kong
行路万裏、展望千番、花見の庭先で、舟を浮かべる碧水、潮が満ちて潮が引くであか抜けて一生。覚えてるあるユーザーが、彼は友達を作る時、もう自分は出勤ですから、彼は言った後に、ユーザーは彼を相手にしない。彼はお金があまり多くない。ええ、何と言いますか。不可能は高富カッコいいだろう。
今生も壊れ心性淡泊な粋人、静かに素然、錦時清ジェーン、情系山水、心に空明。
起き上がり、見醉梦暁生煙雲、霧。身繁華浮世、心は雲水の間で、時間のように風にゆらぐ煙た隙を笑顔が映った、どうして、背いてこの段盛世華年。
品を数滴春風が吹く染の露賞一面の鳥のさえずりと花の香りを歩くと静かな花園緑地、都市の風景を見て絵は緑の草の靑々として;正座に、暇だから見て風リットル、やっと覚平然と;飛ばし自己、山水の間を走らせて、舟を浮かべる湖畔で、魚と同じ流、花紅柳緑だっている、見岸に緑の芝生を声にさんざん鈍感に悠然と;見上げる飛鳥漫遊、静観メリッサかさなる影、この恬淡より無敵。
実は、その心のは楽しいし、誰を遮ってあなたの楽しいか!私を覚えていて、登校中のかばんを背負って、邁楽のペースは、シックなを歩いていると、田舎の道を歩いて、畑仕事の人々は、手をとめて、見物。
一方の山水、霧雨汲泉、煮茶、線香を立てるように、明月を友して、書物を伴う、平淡の時間、この靑山碧水、月韵诗香の中で、静かに流れて。
春、山一の赤いツツジ団団簇簇<Outsourcing payroll、採1本で飼って白の磁器でにぎやかな春景色。
夏、十裏清蓮、香り漫入果てない夜、舟が軽い氾、任夜霧濡れ衣装、枕が襲っ荷香寝つく。
秋、霜林染酔って、紅葉するカエデ光り輝くさま。踏み付け枯れ葉舗装の小径を取る、紅葉を何枚、置くページに。
冬には雪のように、綿、命名吐蕊。雪上行、一筋のひんやりと梅の香り、喜んで帰って。
最も美しい斜晖静かでも、倚欄を見つめて座って、さざ波の湖で、挑発して歓呼の声を上げた魚、そして、笑靨笑ってやって柳欄干にもたれて。私は一メートル73の背が、モデルのような体の長、眉目秀麗。確かに多くの人が羨ましい。自分で識天文学、地理のお知らせ。て、どうして楽しいか?自分の力でお金を稼ぐ、気分ではないでしょうか。
淡い素付箋、濃い墨韻、優雅な文字を染めて、浮世気持ち;長い歳月、お茶と、シックな杯、盛满诗よう芳華;云淡风轻、おだてる茗品文、ひらめきの音符吟じて暖かい暖かい語;春の花の秋月、紅塵あぜ道、飛ばしの考え、漫た四季の歌のように。読んで1段の美文、品は一つ香茗、聞いて曲の音、拾一抹の気持ち、指先が軽くたたいて、長い飛ばし気持ち。
一曲ゆったり清音、何回婉曲鳥、さらに顕庭の深い、静かで、曲の廊下回転、静たれを古風で質樸な木椅子の上で、蒼竹滴翠に切って、1段の時間を緩やかに流れる、韻一つ空茶殘香だけを心による展延…。。
人生は流れる水のようだ、そこの環境に適応することをマスターして、私は先の道は平坦ではぬかるみ、遠方を選んだ以上、ひたすら風雨兼行する。
時間も、花は、なまめかしく後、ageLOC Meいつか荒れ果てた日。しかし私は好きで、守はなかなかハルヒ、乗り回しかぐわしい香りに、季節の渡し場で足を止めて、花の声に耳を傾け、满庭芳広がって私の心。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R