忍者ブログ

白色记忆

秋の紅葉慇懃さ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

秋の紅葉慇懃さ

夜のマイクロプロセサを冷やし、内で秋の気配をqinglengしばれるだった。あの涼気こびりつくようにしておいて、爬山虎這って広まり、心の壁があって、握り締めて超大作空白になっていた。世の中の灯は暖かくて喜乐を間に挟んで对街向かい合って、にぎわいも矜恃に触れないぶんを感じた。心の字が灰に、迪士尼美語世界花火はやっぱり寂しさに咲いている後の収拾それでは分は閑散としていた。しばし浮世を咎めて旅提灯を、暖かいことだろう。
うしなう、霜は露寒だった。むしろ、秋風がどうと吹いてきて、黄金の雨。。かぶりつく然が去来蝶は振っている金色の翼を探検し、それの影を見た。この間の心を舞っているリヴァイバル本分を守って、そこへ持ってきてもいくつかあった圏で一段落し、かつてのように覆われていた夢を見た。大作映画の黄叶高慢にぴんとひっぱって姿を、歩行者を通って、ざわざわ鳴るは、梦に砕けた声がして、少しかわいそうだ。
天ボッ寒いし、北風催涙ティム衣。雨破天青い心と心をすれば寒秋よう槁木だった。小雨が纱侧长模様編み廃人のようになっている散らすに覆われて大地。鍵がかかっていられないような一缕の秋、立ち上りしばれる目立つ。天を少しずつ寒くなっていく、渍け、清水の結び目、色にだんだん灰になって、重かった。一杯のお茶をくるんで、韓國機票抱き合っ温环寒気がしの心である。俨香ばしい・汤の俨、俗世のぬくもりを感じた。字疗饥煮、思い寄せる。酒の勢いが追いつめ、吉報が外は斜め碧海ということばがたくさんあります。前世現世、ミスマッチなのか、よくわからなく因果に復活した。
古人曰く、「一叶落ちて天下の秋を知る」と、秋のすくむよう荘重で、江南から烟雨の中での女が立っていた。「紅葉赤は二月の花、秋の紅葉慇懃さ」をしたからといって、苦労をいとわず、用を一身に受けて红叶展示秋の恥ずかしそうにする。かぶりつく然落ち葉の静美挂かって、しおりを縫い目がちらついてをしのんだ。秋風、こびりつく生。さすがに覆われた山奥山であれリンの早朝、は蟹青のような色をした日で、灰色の霧の未散る。蛙か取ってつけたよう呼んで虫鳴があがり、qinglengの风拂面からではなく、空気がちょうど全面解除され、呼吸の间に1通の冷たい刺激を与え、山林初め覚める。人が歩いて絵でささやいた土に歩いたことがあって、恐れられて场合この静けさだった。
うしなう破墨、宜お茶を入れよう。あの一件も穏やかで予定されて繁芜まろやか世事こす何度も残ったのは、人間の肺ギムレット香りだ。西湖龍井の清スル、鉄の甘醇、普洱の古い気配が口喉とひびいた。日月エキスや歳月が豊かな対面、お茶一杯や素心結集1粒のだった。小さくて凉しいの午后、秋風音羽山をおろす汀で品の緑茶の渋みだった。见の薄い雲ダルそう翻ったことも、継続してあてもなく旅である。劉芷欣醫生日光はゆっくりと融和的になったことが、剛飲はワインの微醺だった。光が当たった鉄格子に辉くに被せ郵便消印を残してきた目印だった。晩秋、はひとつの适当的思考の季节である。町では、人影は乱れ寒風习习、歩いて一回茶馬事である。ミレニアム・ゴウンの丸太小屋が含まれていると青石板、歳月の淋しさに、街旌旗せいき、滇株式会社は、茶の秋の気配が感じられる。
晩秋に挟まれて恋しい思いは、秋風に挟まれて落ち葉を襲ってきた。夜が潮汐、津波のように値上がりしているが、浪撃干潟であるリズムだ。绝え间なくない。海の上升明月を待っているなら、軽油の哀調を持って、「千里共に婵娟」をして、はっと胸を仆の冲突は人の心だ。秋の朝、霧の中に隠れて、まだ散りゆく太阳が雲の後、谷底へ。乡人総爱赶早市で、半径数では、大きな市場だ。で、その固有の朝市にぎやか喜乐劣らずだ。物心ついた時から、喜さんの包みを、母親の精致であった視点に立って、善理社だった。気難しい目を持って、選挙で、果物と野菜類、カルビを登りながら、と小売業者あった。せっかく川止めあきんまっぷたつにこんなに不怕不识货又やかましい主麿、ひきつった笑呵呵返事をする、私はそばでは緊張した表情で息を殺して。中高生時代、母親がしばらくゃっきゃっとふざけまわる歯痛と、朝の僕は自転车を买(か)を踏みながら、カルビで市場を準備するようにパスタを彼女に飲んだという。少なかった军师のそばから、压阵駆け引きも弱気。买い物の目が鬼籍習え何分、カルビそのうちのどれを数件肉の脂身が少なかった軟骨も少ないです;梨とリンゴ1はだいだい色シミの、肌の太阳の足で比較的甘い;野菜にはかり前に必ず先に水を制御します;人家塩漬けの料理は漁やオリーブ、察知時間と工夫を凝らして足が不足している;买い茶碗が声を闻いたかどうかを见て、买い锅を軽快な形をしているかどうかを端正に……教育など枚挙にいとまがない。时には伤张爱玲潾樟脳の香りで、甘くなく穏やかだった。时には幼いころに母亲の味、料理の香の適正、そしてちくちくと呼んでいるのだった。
晩秋像の在来式カメラにかくれた片隅でシャッターを押して、洗いて数々の白黒写真を持って、はるか彼方の思い出を、一页页ひらきが出てくるのだ。中学校の晩秋は、五十メートルの滑走路は、横から黄した松、時には、松子から落ちてきた人垣を増す。そばからは古い校舎、汎うつって书香だった。滑走路は细砂で短いが、踏む垫子ふんわりとしたものであり、浜辺に嵌っている、と饮み柔软に時間を過ごしている楊海成。けれど,玉と私は往復ながら歩いていると、少し、快く思わなかった。と、二人は計寒風かいきかいきメガネはイヤホンを混ぜて言叶に歌声风声、不覚飘から远くて、闻こえないも、ただげらげら笑いながら、见てそれでは分はひっそりして倒れても知足(チゾクの景色をしなければならない。高校の晩秋は灰色の空、目じりさり気は憂鬱な光は、背水の陣のしたいようにすると未来に対する困惑させる。授業が終わるころにスリーファイブの亲友頭蓋骨ほどの講義室の外の面影が立って廊下には、しない、会話以後はどこに行く学校に通っていたとの旅をしている。爱空を仰ぎ、まるで化身ちょっと、未知の分野では放任して飛翔する。2 .授业のベルが鳴った。楽しみだった目线の凧を徴収していたが、引き分けに視線を引き続き集まり、书山题海中だ。大学の晩秋は风雨の運動場の400メートルのコースなど、ただ雪に駆け、八圏十圏だった。疲れていて、ただで歩いているのを覚秋寒侵略体である。時には君に付き添って走ると話も理想的な報復、得意失意しなければならない。时に一人で歩いている姿が、照明は長くなり、亦ない無力で並んでいる照明、なにしろ投射して影を前後に和気あいあいしだった。
晩秋にもってこいこころを休めるの季节である。午后で本夕方に水をぶっかける、賃借人の介護に赴任していって残ったテーブルや富贵竹をサポートするために、目の前に一塊「春という意味が込められている」と明らかにした。階下の街の時期はともかく、お月様の屋上に、かすかに静寂は静かでした。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R