忍者ブログ

白色记忆

私は鉛筆で

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

私は鉛筆で

日記を書いて慣れて、作文を書かないと書いたタイトルの習慣。何を書けばいいかわからないことも問題になっている、分體式冷氣本当に習慣を養いにくいもない。
私はまた習慣:鉛筆。
鉛筆は本当に良いものは、しばしばあっ、情欲を体現する時。ページを開けて、白紙の習慣で四五年の笔袋、一群の黒筆芯を赤ペンで0 . 7 mm自動鉛の足跡を取り出して、更にゴム。事の半分が完成した。時に、私も知らない忘れに鉛筆を置いたか。週章狼狽あちこち借りの借り、さっき安心筆。
私はいつからか以来鉛筆が、それ以前に、私は必ず万年筆で。
しかし私はまた習慣:私はずっと愛を描いているいくつかの筆と書いて乱雑な思いが漂ってきた文字や画像。そしてまた描きつかいて彼らを圏。そこで中学校では、この習慣を合わせて黒の万年筆で私の機の変わり果ててしまう担任の叱責され。このことが私のこの習慣の記憶を始ポイントで、この習慣は、今私も直すことができてないのbvi offshore company
私は鉛筆で。執筆のときは徐急の跡になって聞いてくんの処置の兵一人。とゴムの結合の纏綿後、紙に見えないそれらの跡があった。再草書、続けて伝奇。万年筆の強硬は似てた枚一音一音の行方の駒、待ったは修正液との玉石倶に焚く、殘るのは悪臭を放つ後のノートに白いかさぶた。人は仕方がない。
私の人生はこれまですべてが完璧ではないのが、みんな:これこそ人生。毎日を歩いて来た日には、一歩ずつ書いて4次元時間の一部分でも変更できません、万年筆。しかしが柔らかいの奥に記憶とは異なる時間の自分、変幻異なる姿。は鉛筆。十五年前の4歳の私はかつて隣の男の子を盗んだからの1粒の糖母めった打ちされて。不滅の汚点だと思って、今となっては許せるミスの幼い子供。
といっても、人生のリハーサルをして、一日ごとにを生中継。しかし良さは人々の心の奥の結末に瀋殿して、永遠にすべての人が美化されて努力を追求している、恋愛小説家の結末。鉛筆とともに歩いところにの折り返してはっきりしないでCardboard Standee、記憶は、歳月がいくつかの跡。私たちは鉛筆の筆跡を修正して、当時の違う自分を読み上げる。鉛筆は柔らかいから、記憶もそう。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R