忍者ブログ

白色记忆

自由に歩け花

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

自由に歩け花

初夏の時間の中で、自由に歩け花、風と雨を見てお見合い、と約束して、淺い夏あの総生り緑の枝、透き通った時間の中で、品は淺く澄みきっているのが好きで。
命は、たとえ木に花が咲く、どんなのが美しい、にぎやかすぎ、唯狐独は実在する、時間の音符は最終的には静かな、静かな才能だけ品出香り。瀋んでおり、ゆっくりと体内の香りを配布、淡い香りの愉悦感が、その心の底から真実はHome decoration、きれいな喜びと続いて、静かで平和、始の香り。
好きです、静謐な朝書く字、遠く去る時の流れの中を、いくつかの人、事、と念を挟んで、山水、と私の文字に、にもかかわらず、その一行行字字は最終的には黄が現れて、あれらのかつての断片は、静かないい思い出にはな、失忘れない。
いくら昔のこと、つかの間の風はそっと吹かれて、どれだけ豪華に着飾った、歳月の辛酸を埋め、此岸彼岸、結局越しに時間の距離で、人生の無常多離合、も言わない人間ほど薄く涼、通りすがりの風景を、私たちは一緒に見たことあった、あとは向きを変えて、温もりを振り返って、じっとしていても、笑って、負けないこの山水の出会いBusiness Centre in Hong Kong、と程は程の大事にして。
歳月の流れの中で、私達はすべてかつて時間逆流することができることを期待したが、しかし、誰が失われた靑春、はぐれ人?人生、結局が留められない縁で、引いて帰らないの殘念な思い、参不透の白月光、時間は水のようです、終無言で、すべて、殘っ。
かつて、私たちも熱い抱擁を春が、春は落ちて夏の花で、いつの日か、夏の盛りも秋の枝で掛かって、その結末は予想外のようで、生命の中のあれらのにどれだけは永遠に背かない2。
一部の風景、結局は留められない、まるで私のこんなに好き五月の陽気が迎えなければならない、六月の海は、筆をとって、書いて瞬間の美しさも、ただ記念のために、時間は結局は遠のいて、ただ1部の柔らかいことをといい、は命の素付箋で待回想でMedilase
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R